浮気調査

浮気調査 費用見積もり 比較・探偵事務所ランキング

 

 

 

 

 

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、女性だって浮気するじゃありませんか。

 

女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出掛けるシーンは数多く存在し、ダブル不倫なんて言葉も定着するくらいですので、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。近頃は女性の浮気が増えているのか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は多くなっているようです。

 

念願だったパートの仕事。

 

子供が10歳になったのを機に始めたのですが、仕事を教えてくれた社員の方(既婚)に誘われ、つい浮気したんです。
ずっと家庭から出ず、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。
以前と変わったところがあったのか、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、私のほうは慰謝料請求された上、離婚するということになってしまいました。浮気調査といえども見ず知らずの探偵に重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは人として正しい反応だと思います。最初の見積りのときは詳細な個人情報は不要という会社も増えていますから安心してください。それでも最終的に調査を依頼するときには契約書を交わすことになりますから、全てとは言いませんが個人の情報を開示することは不可避です。
探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、旧発信機の時代に比べると尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。
そんなGPSを設置できれば、調査の精度はさらにあがります。

 

 

 

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、不倫の慰謝料を求めるのが有効です。

 

たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちはあまり深く考えていないというのが現実だったりします。配偶者として正当な慰謝料を請求することで、事態の深刻さを自覚させるのです。

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常の金銭感覚からすれば、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように思う人が多いようです。

 

でも、安さ重視で業者を選んでも、浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金をドブに捨てるようなものです。
最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高額な代金を請求するところが相応の調査能力があるかというと、実に悩ましいところです。
浮気調査というものは、調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、感情の昂ぶりから相手やその関係者とのトラブルに発展する可能性も否定できないのではないでしょうか。同じことでも探偵に依頼すれば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、シロウトが行うよりずっと上手に素行調査や裏付けがとれるというものです。
調査がバレてしまっては元も子もないのですから。しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。
一例をあげると、不倫の証拠集めで相手にその事実がなかった場合などです。
とはいっても、探偵の調査が浅かったために結果が得られないといった例もあるでしょうし、興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめチェックしておくことで回避できるでしょう。

 

そして面倒がらずに探偵にじっくり相談することも、良い成果を得るためには重要です。

 

あきれた話なんですが、夫の浮気は一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。

 

それも結婚する前からと合わせると幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。
終わったものまで糾弾する気は既にありません。
浮気は男の甲斐性ですか。

 

それって限度があると思うんですよ。許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がわからなくなったので、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。

 

 

 

まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。
ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないと思います。

 

 

離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、動かぬ証拠を握っておいたほうが、絶対的に有利というものです。
もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、白黒つけたいと思うなら、興信所に頼んでみるのが最もストレスの少ない方法だと思います。

 

本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、その配偶者からしたら信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。

 

 

許しがたい不貞行為を放置するというのは不可能でしょう。不倫の証拠収集というと身近なところで携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。
ライン、メール、フリーメールなどを駆使して浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。

 

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、離婚や慰謝料請求の裁判では、おそらく不利になると思います。

 

つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。

 

また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。

 

思いこみで裁判に負けることを防ぐために、あらかじめきちんと調査しておくことは大事です。
業界で名の知れた会社が最高だとかは言えませんけれども、規模の大きな興信所を選んだほうが後悔することが少ないと思います。会社規模が小さなところでは、ろくすっぽ仕事もしないくせに代金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。
また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、良い検討材料になりますね。この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例も増えています。

 

 

 

スマホが主流となっている今、ラインなどのSNSやメールにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えられます。
ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけといっても良いのではないでしょうか。
浮気が判明したら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、話がややこしくなりがちです。

 

 

 

ことによると裁判に発展するでしょうし、弁護士を頼んでなるべく円満な解決を目指すというのも手です。

 

 

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥る危険性が高いです。
憧れの人と話がはずんでしまったり、同じ学校で席を並べていたという気易さからお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。

 

クラス会や同窓会後にパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。
配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。探偵の相場ですが、浮気調査を例にとると、1日4万円位、それに日数を乗じた金額はかかるとみておけば間違いありません。
請求は調査内容や調査期間で変動するものの、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えておけば充分だと思います。どの業界でもそうですが、探偵でも詐欺かと思うようなでたらめな業者もないわけではないので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、堅実な会社に依頼すべきです。
例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、きちんとした裏付けを取るのに必要な時間というのは、幅があります。
曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、説明をしてもらって納得できたら依頼しましょう。パートナーがすごく用心深い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは困難でしょう。

 

 

ただ、証拠というのは重要です。
もしあれば、離婚してもしなくても、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。

 

もし浮気の確証がもてるようなら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。

 

 

 

いくらか出費は覚悟しなければなりませんが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。
浮気に依存しやすい人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。

 

 

その背景にあるのは、精神的な緊張や負荷でしょう。

 

恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、通常以上に不安が煽られるわけですから、憂鬱な感情を感じることが多く、ウツの症状が固定化されてしまうのです。

 

 

また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。

 

 

 

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、興信所や探偵にいきなり調査をお願いするより、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するのがいいでしょう。
家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、見聞きもしたことのない業者に個人情報を伝えて調査してもらうのは、やはり不安でしょう。
リスクや不安は少ないほど良いのですから、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょう。

 

 

多少仕事がアバウトだって、新規の依頼人には分かりませんから、無理もないです。
近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。
安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、料金が高いばかりで凡庸なクオリティといった業者へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、費用と実績がうまく合致したところを見つけるのは大事なことです。興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、諸経費や料金のことです。費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で差が生じるのは致し方ないことでしょう。

 

 

 

浮気の調査のときは、1時間の調査として、平均的には2万円程度とされています。相場には幅がありますから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。
調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。

 

 

 

ですから、もし悩んだら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。
事務所所在地や代表電話といった情報は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。

 

相談しながら調査内容を設定していき、どの程度の調査でいくら位のコストになるか見積書が作成されます。
初回見積り無料の業者さんも多いですから、費用だけでなく内容もそれで良いかよく考えてみると良いでしょう。
あとから内容の変更も可能です。

 

 

 

探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再々繰り返す場合があります。退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メールや着信履歴などで懲りずに浮気を始めたことに気付くのです。

 

要するに、前の浮気の際の対処なり処罰なりが手ぬるかった可能性も高いので、次はないということを実感させるような厳しい措置が不可欠です。
浮気の素行調査を探偵社に依頼する時は、標準的な価格相場ぐらいは知識として身に着けておきましょう。
個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者に引っかからないためにも必要なことです。

 

 

 

そのほか、当初は安い料金を提示しておいて、規定外作業や割増時給だの、割高な支払いを要求されることもあるので、あらかじめ料金については、確認しておかなければいけません。
だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由として一番多いのは、当然かもしれませんが、パートナーにバレたからというものです。そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

 

 

探偵や興信所などノウハウのあるところに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらう方が、確実性があるというものです。ただ、これは怪しいと気付くのはどうしても本人次第になります。

 

よく不倫のきっかけとして言われるのは、配偶者との生活のマンネリ化が耐えられないといった、利己的でなければ言えないようなものです。
異性として恋愛対象になるという気持ちの高まりが不倫を美化してしまうところもあるようです。

 

そんなことにならないよう、お互いの話に耳を傾け、我慢したり苦しいと感じていることは何かを見つめなおすことが必要ではないでしょうか。
浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、女性だって浮気するじゃありませんか。
パート、PTA、習い事など、女性なりに出会いのチャンスはたくさんありますし、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。最近は、妻の不倫というのが伸びてきているせいか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが増えているようです。W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが実に多いのです。
いままで連れ添ってきた仲として良心の呵責を覚えるようになったり、W不倫の現実にうんざりする気持ちが出てきたりします。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、今までの罪の意識も手伝って、別れようという気持ちになりやすいといわれています。探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対してはちょっと気がひけますよね。
個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、匿名での問い合わせや相談に応じている業者も少なくないですし、うまく活用して、良さそうな事業者であれば、本名で詳細を相談するというふうにもできます。
探偵に依頼される案件のほとんどは、身辺調査だと思います。

 

基本は浮気ですね。ちょっと気にかかることがあるから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、ニーズに応じた調査を行います。
不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、確実な裏付けが必要ですから、その道のプロを利用するのが一番だと思います。

 

探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に依頼するようにしましょう。

 

細かな土地勘があればあるほど、詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。また、依頼する案件によって専門外であったり、むしろ得意なこともあるようですので、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で話をして確認しましょう。

 

 

 

普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。

 

 

 

浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこにしたらいいんだろうと悩むのがあたりまえでしょう。

 

興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、申請が認可されると認可番号が交付されます。まともに届出を出している会社なのかは、番号を見れば判断がつきます。

 

ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。興信所や探偵などの調査業者が提供している浮気の行動探索は、成功報酬プランを設定しているところもあります。浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、一見するとオトクに感じますが、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、お断りというパターンもあるようです。また逆に成功したときに、かなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。